スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ お願い!ぽちっとな。

オバマちゃん、ご乱心でちゅか・・・・・?

皆ちゃん、こんばんわ。
何だか記事を書いてる途中で、何度もブログ画面が勝手に閉じられ消えてしまう現象がおきて、やっとこさ更新できまちた・・・・・どうもInternetExplorer8とFC2ちゃんの関係らしいのでちゅが、FC2ちゃんからInternetExplorer8に更新してくださいと言ってきておいて、それはないでちょという感じでちゅ
さて昨夜のアメリカちゃん市場は、大幅続落となりまちた。
その原因の一番は、オバマちゃんが提唱した新金融規制法案でちゅが、ここで一応分りやすくお伝えしておこうと思いまちゅ。
まず銀行というものがどのように利益を上げるかというところから始まりまちゅ。
もちろんたくさんの利益手段がありまちゅが、主たるものとして日本の銀行ちゃんは、企業や個人にお金を貸して、その利息で利益を上げるのに対して、アメリカちゃんの銀行は、企業や個人から預かったお金を※自己勘定で運用ちて利益を上げておりまちゅ。
※自己勘定:簡単にいえば自分の会社にある金を自分の会社のディーラーが運用すること
そしてオバマちゃんの新金融規制法案の中で、銀行の資本力低下を防ぐために、銀行によるこの自己勘定取引の制限という項目がありまちゅ。
ところが先ほど述べたように、アメリカちゃんの金融機関というのは、ゴールドマンちゃんを初め多くが証券業と銀行業の両方を扱う企業であり、まづこの銀行業だけを分離することが難しいこと。
そしてこれらの企業の最新決算結果でも分るように、今最も企業収益を上げているのがこの自己勘定による短期投資業務であり、場合によってはこの分の利益のおかげだけで黒字になっていて、この利益分を除くとリーマンショック直後の状況以上に酷い財務内容になってしまうようなところもあるということでちゅ。
そして更に悪いことに、銀行が最も主要な収益を上げる手段を失うということは、お金を貸し出す際にも、貸し出した後に短期間で資本を削られる可能性の出てくる、経営力の落ちている中小企業への貸し出しを渋るようになる可能性が出てくるということでちゅ。
以上が超簡単にお伝えした、オバマちゃんの新金融規制法案における問題点でちゅ。
こっこちゃんなりに分りやすくお伝えちたつもりでちゅが、違っているような部分があればご勘弁くだちゃいませ。

そして昨日の下落の二つ目の問題が、バーナンキちゃんがFRB議長として再任されない可能性が出てきたということでちゅ・・・・・こっこちゃん的には、こちらのほうが心配かもでちゅ。
もしバーナンキちゃんが再任されなかった場合、いまのドルばら撒きの流動性過剰状態を次の議長が長期にわたって容認するのかといえば、たぶん答えは「NO」だと思いまちゅ。
まずこういったケースの場合、前任者が極端な政策に走ったことの尻拭いはなるべく避けたいと思うものであり、特に学者肌のバーナンキちゃんに対して、たたき上げのリアリズム主義者などが議長になろうものなら、すぐにでも何らかの対策をとってきそうな気がちます。

週末2日間のアメリカちゃん市場の急落は、こういったまだはっきりしない悪材料を嫌気したものでちゅが、果たしてほんとにこのようになるのでちょうか。
確かにアメリカちゃんも、その他の市場も過熱感がかなり高まっていたため、いったんの調整が必要ではあったのでちゅが、こっこちゃん的にはこれらのことがそのまま現実になるとは到底思えまちぇん。

多くの予想サイトやアナリストの方は、週末の日経ちゃんの下落をいい押し目として伝えられておりまちたが、たぶんこっこちゃんの予想をご利用の方は、Torade6(週予想)ちゃんでは週末のアメリカちゃんの下落は事前に予想してありまちたし、Torade6(月予想)ちゃんでもまだこれ以下は買いを一度もブレイクちていない状況でちゅので、週末買いポジにて持越しの方は一人もいないと思いまちゅ。
よって余裕を持ってこの先の買いポジチャンスを探ることができるので、まづはTorade6(月予想)ちゃんのこれ以下は買いをブレイクするのを待って、その時の状況やTorade6(週予想)ちゃん、Torade6(day)ちゃんを参考にスイングの買いポジションを取っていかれたらいいかと思いまちゅ。
今は機関投資家や大口投資家のマスコミを使った煽りなどもあって、個人投資家のマインドは最悪になっっておりまちゅが、すくなくともこっこちゃんはこれらの要因から2番底を探る事はないと思っておりまちゅ。
もし2番底を懸念するのであれば、以前より再三お伝えちているように、欧州などアメリカ以外の国の債権デフォルトによる国家破綻が引き金になって起こるのではと思っておりまちゅので、今一番怖いのはギリシャの状況でちょうか。

それでは皆ちゃん、引き続きよい週末をお送りくだちゃいませ。

PS:Torade6(週予想)ちゃんバックナンバー更新いたちましたので、よければ参考程度に見てくだちゃい。


こっこちゃんのブログを見てくださった皆ちゃま、もしよければランキングボタンのぽっちをお願いいたちます。皆ちゃんのぽっちが、こっこちゃんの励みとなっていまちゅ。



NY株大幅続落、新金融規制案やグーグル決算が圧迫
2010年 01月 23日 09:22 JST
[ニューヨーク 22日 ロイター] 22日の米株式相場は大幅続落。オバマ米大統領の新金融規制案により利益が圧迫されるとの懸念に加え、米グーグル(GOOG.O: 株価, 企業情報, レポート)の低調な決算を受けハイテク株に売りが出たことで、S&P総合500種の3日間の下げ幅は過去10カ月で最大となった。

ダウ工業株30種は、216.90ドル(2.09%)安の1万0172.98ドルで引けた。
dow.gif

ナスダック総合指数は60.41ポイント(2.67%)安の2205.29。
nas.gif

S&P総合500種は24.72ポイント(2.21%)安の1091.76。

 バーナンキ米連邦準備理事会(FRB)議長再任の承認採決の行方についての不確実性も市場を圧迫。ハリス・プライベートバンクの最高投資責任者、ジャック・アブリン氏は「バーナンキ議長再任をめぐる不確実性、オバマ大統領の新たな金融規制案、マサチューセッツ州で実施された連邦上院議員補欠選挙。これらを受け、市場は大きく揺れている」と指摘。「今後大きく下げる可能性がある」と述べた。

関連記事
にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ お願い!ぽちっとな。

comment

Secret

コーちゃんへ

コーちゃん、こんばんわ。
大切なコーちゃんからのコメント、あやまって消去してしまったみたいで、ほんとにごめんなさいでちゅ・・・・う~ん、いまだにショック状態でちゅ。
いつも影に表にこっこちゃんを支えていただきまちて、ほんとに感謝しておりまちゅ。
コーちゃんは、まだお体を鍛えているのでちょうか?
コーちゃんも、体を壊すことの無いように気をつけてね。
それでは今週もありがとうございまちた。
これからもよろしくお願いいたちます。

コーちゃんへ

コーちゃん、こんばんわ。
しばらく体調が悪くて、というか今もでちゅが^^)、
なかなかお返事できずにすいまちぇん。
コーちゃんは、Torade6ちゃんたちのことをいつもほめてくださって、とても嬉しいのでちゅが、こっこちゃんも予想をする際にコーちゃんの予想をかなり参考にさせていただいておりまちゅ。
こっこちゃんはTorade6ちゃんたちに、おんぶに抱っこでちゅが、コーちゃんはご自身であれほど緻密な予想を出すのでちゅから、すごいと思いまちゅよ。
これからも色々相談にものってほしいでちゅし、教えていただけたらと思っておりまちゅ。
それではまだまだ寒い日が続きまちゅので、お体には気をつけてくだちゃいね。

参りました

私の予想Vsトレード6
トレード6に軍配です。参りました降参します。

Torade6の基本的利用方法だよ

Torade6(週予想)ちゃんは、過去の値動き、特に前3週の値動きを基に次の週の値動きを予想する、スイングトレードに適した予想ソフトです。いろんな角度からアプローチするので、予想の仕方はとても難しいのですが、売買の基本はTorade6ちゃんの予想を基に月曜日か、火曜日に売買をして、水曜・木曜か金曜日に利確です。とても強い指標が出ている時以外は、週をまたいでの持ち越しはしないです。売買の仕方の基本は、予想安値より下で買う、予想高値より上で売るです。そでは皆さんもこっこちゃんと一緒に、Torade6(週予想)ちゃんでお金持ちになりましょうね。












































自己紹介だよ

ひみつのコッコちゃん

にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ


皆さまのクリックが、
コッコちゃんの元気パワーです

無題
デイ予想SAMPLE
週予想SAMPLE
週予想過去実績
   過去のトータル実績

   勝ち・・・97週
   負け・・・14週
   プラマイなし・・34週

 驚愕の勝率・・87.38%


すべてに高水準

最新記事だよ




カテゴリだよ

月別リストだよ

リンクだよ

QRコード
QR
おことわりです
このブログはこっこちゃん
がTorade6ちゃんで、株価
などを予想するもので、
内容を保障するもので
はありません。
投資につきましてはあくま
で自己責任でお願いいたし
ます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。